雑記

人事担当者は内定の裁量を持っているか

もちろん会社によって異なりはあると思いますが、私の場合はYESです。

そのため、1次面接で終えることもあれば、2次面接へ繋ぐこともあります。

2次面接へ行く場合も内定になっていることがほとんどです。

ですから1次面接から非常に気を使います。

なぜなら人材の採用には多額のお金がかかっているのです。

(お金の話はいつかお話します)

とにかく沢山の情報を得ようとします。

気づいたら長話ばかり・・・。1時間はザラです。苦笑

1日に3件も面接すればもうお腹いっぱいです。

5件こなしたこともありますが、後半は何を聞いているかボンヤリしてしまいました。

そういう意味ではやはり午前中の面接は印象に残りやすいと思います。

ただ在職中で転職を考えている方は夜間が中心の活動になってしまうのは否めません。

ですから、1日の職務を終えようとしている人事担当者にある程度のインパクトを

残さなければボヤッとした印象で終えてしまう可能性が高いです。

個人的見解としては当たり前のことですが、会社研究をよく行うことや

履歴書・職務経歴書はキッチリ作り込みましょう。

あとは多くの質問を人事担当者に尋ねるのも良いかと思います。

(※あくまで面接の空気感によりますが。笑)

転職者の場合、会社研究や各種書類はあなたが思っている以上に内容が薄い人が多いです。

よく転職本で上記のようなことが書かれていたり、転職サイトなどで展開される

エージェントサービスが事前に履歴書や職務経歴書を添削するのはそのためです。

1次面接だからといって侮らず、後悔のない就職活動をしてくださいね。

ピックアップ記事

  1. 人事の一日
  2. 面接デビューまでの道
  3. 行きたい会社がない!色んな分野へ応募する転職活動の危険性!
  4. 人事担当者は内定の裁量を持っているか
  5. 人事の道に進んだワケ

関連記事

  1. 雑記

    人事の道に進んだワケ

    こんにちは。ひとひとです。いきなりですが、私はいきなり人事の道…

  2. 雑記

    人事の一日

    私が営業マンをしていた頃、同じ会社の人事担当者が何をやっているか全くわ…

  3. 雑記

    はじめましてのご挨拶。

    皆様、はじめまして。ひとひとといいます。とある会社の人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

最近の記事

  1. 雑記

    人事の道に進んだワケ
  2. 選考書類の話

    行きたい会社がない!色んな分野へ応募する転職活動の危険性!
  3. 選考書類の話

    履歴書・職務経歴書はキホンのキ。でも簡単に差別化できますよ。
  4. 雑記

    はじめましてのご挨拶。
  5. 雑記

    人事担当者は内定の裁量を持っているか
PAGE TOP